ハンガリー

漁夫の砦は見た目も可愛いがペスト地区を望むビュースポットでもある

漁夫の砦とはハンガリーの首都ブダペストの西に位置する王宮の丘にある砦のこと。

真っ白で形も可愛くて見てるのが楽しくなるようなデザインですが、漁夫の砦からはブダペストの東側にあるペスト地区を眺めることができるので、絶好のビュースポットでもあります。

ブダペスト市街美化計画の一環として建てられた

漁夫の砦はハンガリー建国1000年におけるブダペスト市街の美化計画の一環として1895年から1902年にかけて建てられました。

ハンガリー建国1000年を記念してペスト地区の中心部には英雄広場も建設されました。

関連記事
英雄広場はハンガリー建国1000年に建てられた広場

建築を手がけたのは漁夫の砦のすぐ近くにあるマーチャーシュ教会を手がけたことでも知られるシュレク・フリジェシュという建築家。

漁夫の砦
マーチャーシュ教会の屋根もオレンジ色や緑色のモザイクタイルを使った可愛いデザインですが、漁夫の砦もとても可愛らしいです。

ドナウの漁師組合が守っていた砦?

漁夫の砦という名前の由来は、中世時代にドナウで漁をする漁師たちによる組合が守っていた場所だからという説や魚市場があったからという説など諸説あるみたいです。

実際はどうなのかわかりませんが、漁夫の砦という名前がつけられているぐらいなので、何かしら漁師や魚が関係しているのは間違いなさそう。

漁夫の砦からドナウ川とペスト地区を一望できる

漁夫の砦
漁夫の砦は1階が無料で2階が有料となっていました。

1階からでも十分眺めはよかったです。

漁夫の砦がある王宮の丘は高台にあるので歩いていくと坂がけっこうきついですが、その分眺めはいいです。

漁夫の砦からの眺め
ドナウ川を挟んでペスト地区を一望でき、国会議事堂や聖イシュトヴァーン大聖堂も見ることができます。

漁夫の砦
夜に行くとライトアップされていて綺麗なのですが、

漁夫の砦
漁夫の砦からブダペストの街を眺めてみると、一際目立つのが国会議事堂。

もちろん街全体の夜景としても綺麗ですけど、国会議事堂が金色に輝いていてすごかったです。

ブダペスト観光のなかで一番印象に残っています。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。
ハンガリーのブダペストにある国会議事堂が夜になると綺麗すぎた

1 Comment