KUBOの話

ニコンとキャノンどっちがいい?僕がキャノンの一眼レフを選んだ理由

一眼レフカメラを買うとき迷ったのがどこのメーカーにすればいいのか。

キャノンやニコンはよく聞くけど、ソニーやオリンパスも性能が良いとも聞くし。国内のカメラメーカーだけでもたくさんあったので、調べれば調べるほどわからなくなりました。

キャノンかニコンの2つに絞った

数あるメーカーの中でまずキャノンかニコンの2つに絞りました。

この2つに絞った理由は、人気の高さとレンズの豊富さ。

国内のカメラ販売台数のシェア率は、キャノンとニコンが圧倒的に多いんです。それだけ多くの人に使われているということです。

まぁ人気があるから良いというわけではないんですが、よく考えてみると実際プロのカメラマンもキャノンかニコンのカメラを使っていることが多い印象がありました。

それに使っている人が多いと、何か困ったことがあったときに人に聞きやすいですし、ネットで調べても解決策がすぐ見つかるのではというメリットもあります。

あともうひとつの理由はレンズが多いということ。

一眼レフカメラの醍醐味はレンズを使い分けて、色々な写真を撮れることだと思うんです。

カメラのボディとレンズを接合するレンズマウントという部分は、メーカーによって異なるため、どのボディにも全てのレンズが装着できるわけではありません。

国内多数のカメラメーカーのなかでも、キャノンとニコンが特にボディやレンズのラインナップが豊富というのも、この2つに絞った大きな理由です。

キャノンを選んだ理由

さて、キャノンとニコンの2つに絞ったまではよかったんですが、どっちにするかまた迷いました。

写真のきれいさという面で比較してもそんなに差はありませんし、結局のところ、自分の腕次第みたいなところもあるんですよね。

変な話、この2つのメーカーじゃなくても、インスタントカメラであってもプロのカメラマンなら良い写真を撮りそうな気がします。

ただ、調べていてキャノンとニコンでは、少し特徴が違う部分があったのでそのことについて説明しておきたいと思います。

まずそれぞれのメーカーの歴史の話になるんですが、キャノンは光学研究所の開設から始まり、カメラやビデオ、プリンタなどを開発してきました。

一方、ニコンは三菱の資本によって、光学計器の製作所と硝子製造所を統合して合同で設立した会社。

双眼鏡や望遠鏡、顕微鏡などを開発してきました。狙撃銃のスコープの開発もしていたのだとか。

カメラ2大メーカーにはそれぞれこういった歴史の違いがあり、どちらかというとキャノンは写真としての出来栄えを重視し、ニコンはカメラを扱う操作性を重視しています。

あと違うのは色味。

一般的にキャノンは白に強くて、ニコンは黒に強いと言われています。

そのためキャノンだと人の肌が白飛びせずにキレイに写るので、人物を撮るのに適していて、ニコンは風景が得意だとも言われています。

たしかに風景もきれいに撮りたいんですが、そのときは人を撮る機会を増やしたいなと考えていたので、キャノンにしようかなと。

ちなみにオートフォーカスがキャノンの方が早いので、スポーツカメラマンはキャノンを使っている人が多いみたい。

あと個人的にキャノンが好きです。一番の決め手はこれかもしれないです(笑)

なんかわからないですけどキャノンが好きなので、キャノンにしました。

関連記事
キャノンのEOS8000Dは本格的にカメラを始めたい人におすすめ

Leave a Comment