KUBOの話

昔のアメリカのコメディドラマ「フルハウス」が面白すぎる

最近、フルハウスという懐かしのドラマを見てるんですけど、おもしろすぎてついつい何回も見てしまいます。

フルハウスは80年代、90年代にやっていた、アメリカで製作されたコメディドラマ。日本語にも訳されて日本で放送されていました。

コメディながらも家族や友人の大切さなどを語るドラマでもあり、けっこう感動します。

物語の中心はひとつの家族。

ジョン・タナー役BOB SAGET
父親のジョン・タナーには3人の子供がいます。

DJ役CANDACE CAMERON
長女のDJ。

ステファニー役JODY SWEETIN
次女のステファニー。

ミシェル役MARY KATE ASHELEY OLSEN
三女のミシェルです。

ジョンの妻であり、3人の母親でもあるパメラは不幸にも交通事故で亡くなってしまうんですが、

ジェシー役JHON STAMOS
パメラの弟(ジョンからすれば義理の弟)のジェシーと、

ジョーイ役DAVE COULIER
ジョンの親友であるジョーイの協力を得て、男手だけで子育てをするという話です。

毎回この家族が色々とやらかして笑かせてくれるのですが、たまにケンカしたりとか、シビアなシーンもあり、まさに笑いあり涙ありといった感じ。

なんでフルハウスの話をしたかというと、AbemaTVでフルハウスのシーズン1〜3の話を毎日のようにやっていて、毎日のように見ているからです。

おかげで作業している手が止まってしまいます。

BGM感覚で音声だけ聞いている状態でも笑ってしまうほどはまっています。

今日やっていたフルハウスも面白くて、終盤には涙を誘うシーンも。

たしかシーズン3の20話だったかな。

次女のステファニーがお姉ちゃんのDJに相手にされず、パパのところに行っても仕事だからと相手にされず、庭にいたジョーイのところに行くとジョーイが車をいじっています。

ジョーイが塗料を買いに行った間にステファニーが勝手に車に乗ってエンジンをかけるんですけど、ラジオを聴こうと思って「R」にシフトレバーを動かしてしまい、

フルハウスでキッチンに車が突っ込んだシーン
バックで家に突っ込んでしまいます。

ミシェル
ミシェルもこの表情。

とんでもないことをしてしまったと悲しむステファニーは、もう家にはいてられないと、荷物をまとめて家を出て行きます。

ステファニーはメキシコに行くと言って、ジェシーの恋人のベッキーにもお別れの挨拶をしに行きます。

ベッキー役LORI LOUGHRLIN
ベッキーがステファニーの話を聞いてあげてるときに、ジェシーが家に来てしまって、「ジェシーおじさんには内緒にして」って言ってステファニーはクローゼットに隠れるんですけど、

ジェシーとベッキー
ジェシーは、「誰か男でも来てるのか」と言って疑います。

ジェシーとベッキー
「おい、でてこい」

ジェシーとベッキーとステファニー
ハンガーに引っかかるステファニー。

最近で一番笑ったシーン。

ジェシーとステファニー
「おいステフ。何やってるんだ」

ジェシーとステファニー
「ちょっとぶらぶらしてるだけ」

ジェシーとステファニー
これは笑ってしまう。

ジョン・タナー
このあとパパのジョンに「なんでこんなことしたんだ」と怒られるんですけど、ジョンもいいパパなんですよね。

ステファニー
ステファニーは自己嫌悪になっていて、「私のすることはいつもダメなんだ」と。

ジョンとステファニー
「もうお小遣いもいらないしプレゼントももらわない。卒業したら大工さんになってパパに家を建ててあげるから私以外の家族といっしょに住んで。もうキスもしなくていい。うぅ・・(泣)」

ジョンとステファニー
「車には代わりがあるけど、お前に代わりはいない。パパは何度だってお前を許せるし、何度だってキスもする。だんて家族なんだから」

ジョンとステファニー
感動。

フルハウスの家族
見ていてこんな家族いいねってなります。

Leave a Comment