KUBOの話

残り2ヶ月で書道の師範になれるのか

書道師範を目指して今日から始動です』の記事で書いたように、ただいま書道の師範の資格を取るために頑張っております。

理由は書道教室を開くわけではなく、商業書道(広告・デザイン用の書作品)の仕事をするにあたって、わかりやすい指標があった方がいいからです。

僕が今教わっている先生から書道師範の資格(指導者認定証)をいただく条件は、日本書写技能検定の硬筆毛筆ともに2級をとること。

硬筆はもうすでに受かっているので、あとは毛筆だけなんですがひとつ問題が。。

というのも、日本書写技能検定は1月・6月・11月と、1年に3回実施されるのですが、できれば来年の4月までに師範の資格を取って日本一周に出発しようと考えていたのに、11月(今月)はもう無理なので、試験を受けられるチャンスはあと一回しかないのです。

先生は6月に受かるのを見据えて色々と指導してくださってるけど、なんとか1月の試験に受かりたい。

昔習っていたとはいえ10年のブランクがありますし、11月から始動したので、約3ヶ月で書道師範の資格を取ろうという無謀なことをしようとしているわけですが、残りの限られた時間で頑張ってみようと思います。

月2回の指導を3回に増やしてもらいましたが、それでも時間はいくらあっても足りません。

試験までの残り2ヶ月。

とにかくやるしかありません。

Leave a Comment