コーヒー

ペーパーフィルターの正しい選び方と折り方

コーヒーのドリップに使用するペーパーフィルターですが、コーヒーを濾過(ろか)するだけじゃなく、微量の油を吸着するなどの役割もあります。

ペーパーフィルターには2種類の形と色があり、様々なサイズやメーカーがあるので、ドリッパーに合ったものを使わないといけません。

ペーパーフィルターの選び方

ペーパーフィルターは形状・サイズ・メーカーなどで選べばいいと思います。

ドリッパーの形状に合わせる

ドリッパーには台形型と円すい型があり、使っているドリッパーの形状に合わせてペーパーフィルターを選んでください。

  • 台形型
  • 円すい型

台形型フィルター
台形型ドリッパーには、底面が平らになっている台形型フィルターを使います。

カリタ式やメリタ式のドリッパーでよく見られる形状で、底面が平らになっているため、お湯がコーヒーの粉全体に馴染みやすいという特徴があります。

円すい型フィルター
円すい型ドリッパーには、底面が平らではない円すい型フィルターを使います。

ハリオやキーコーヒーのドリッパーでよく見られる形状で、すっきりした味を出せるという特徴があります。

サイズを合わせる

ドリッパーによってサイズが違うので、サイズに合わせてペーパーフィルターを選ぶ必要があります。

使おうと思えば、多少違うサイズでも使えるかもしれませんが、ちゃんとサイズが合ったペーパーフィルターを使った方が、バランスの良い抽出ができます。

メーカーを合わせる

メーカーはドリッパーに合わせてペーパーを開発することも多いので、できれば同じメーカーのものを選ぶといいかと思います。

そういう製品の方が、最適なドリップになるように開発されているからです。

色が違う

ペーパーフィルターには酸素漂白された白色のフィルターと無漂白の茶色のフィルターがあります。

  • 白色の酸素漂白フィルター
  • 茶色の無漂白フィルター

ペーパーフィルターは正しく折って使う

台形型フィルターと円すい型フィルター

ペーパーフィルターはドリッパーにフィットさせるために、縫い目を折って使います。

全然難しいことではないんですが、ペーパーフィルターを折らずに使うとドリッパーと合わず、お湯を均等に落とせないために雑味が出てしまったり、味に多少影響が出てしまいます。

台形型フィルターの折り方

台形型フィルター
台形型フィルターはまず底面の縫い目を折ります。

台形型フィルター
次に側面の縫い目を折りますが、底面を折ったときと裏側で折った方がバランスがよくなります。

台形型フィルター
底面と側面を折ったら完成。

円すい型フィルターの折り方

円すい型フィルター
円すい型フィルターは側面の縫い目を折るだけです。

円すい型フィルター
これが折った状態。

ペーパー・ネル・フィルターレス

ペーパードリップ以外にもネルドリップやペーパーレスといった方式があります。

ペーパードリップ

ペーパーフィルターは使い捨てなので簡単。

他のフィルターと比べると、少し味は酸味が強調されてクリアな感じになります。

ネルドリップ

ネルドリップとは、布製のフィルターを使用するドリップ方法。

味は滑らかで口当たりがいい味わいになりますが、フィルターの手入れや保存が少し面倒です。

ペーパーレス

ペーパーレスは、ステンレスメッシュなどの素材で作られており、酸味や甘みなどの味わいを楽しめます。

ペーパーを使わないので何度も繰り返し使えますが、ペーパーフィルターと違って油を吸着しないので、多少味が違うかもしれません。

Leave a Comment